HOME公募高松宮妃癌研究基金学術賞候補者推薦要領

平成29年度(第47回)高松宮妃癌研究基金学術賞候補者推薦要領

がんに関する基礎領域の研究、臨床領域における新治療法の開発等において、顕著な業績を挙げた研究者(含 医師)
1名をご推薦ください。  候補者の推薦は、原則として日本癌学会評議員によるものとなります。

高松宮妃癌研究基金学術賞について

募集概要

募集期間 平成29年6月1日(木)~7月31日(月) ※受付終了しました  
授賞対象 日本人研究者が日本で行った研究で、がんに関する研究上の業績が特に顕著なもの。
本賞・副賞 本賞:賞状  副賞:500万円
(受賞予定件数は原則として2件)
候補者推薦の方法 候補者の推薦は、原則として日本癌学会評議員によるものとします。
推薦は所定の推薦用紙に必要事項を記入の上、当財団宛にご送付ください。 送付の際、候補者の
主要な論文数篇を 2部 同送してください。
選考方法 学術賞受賞者は当財団学術委員からなる学術委員会において選考し、理事会において承認の上、決定
されます。
学術賞の贈呈 平成30年2月22日(木)予定
都内ホテルにおいて贈呈式を開催予定。
(選考結果は平成30年1月中に、推薦者に通知)
ダウンロード

学術賞候補者推薦要領

学術賞推薦用紙

ダウンロードをして作成した推薦書をご提出の場合、黄色の用紙に印刷されていなくても構いません。
(通常の白いコピー用紙に印刷でも結構です)

推薦書提出先 公益財団法人 高松宮妃癌研究基金 (担当 加藤)
〒108-0074東京都港区高輪1丁目14-15-102
電 話(03)3441−0111 FAX(03)3441−0112
メールアドレス:info@ptcrf.or.jp