HOME事業概要 国際シンポジウム

国際シンポジウム
International Symposia

[1] 高松宮妃癌研究基金国際シンポジウムの開催(昭和45年開始)
当財団で選考した組織委員長が中心となり、国の内外から招聘する
がん研究者と討論者による質の高い国際シンポジウムを開催します。
また、同シンポジウムの特別セッションで、中原記念講演賞を授与します。

[2] 国際シンポジウムの助成(平成26年開始)
日本国内において、がん研究に関する学会等の団体が主催する国際シンポジウムの開催を助成します。

 


[1] 高松宮妃癌研究基金国際シンポジウムの開催

 

第51回国際シンポジウムは令和4年度(2022年度)開催に延期となりました。

第50回記念高松宮妃癌研究基金国際シンポジウム (2019年度)  

テ ー マ がん研究とその成果が導く最適医療の新展開
“New Horizons for Cancer Research and Precision Medicine
日  時 2019年11月12日(火) 〜 11月14日(木) (3日間)   
会  場 パレスホテル東京
組織委員
委員長 間野 博行 博士 国立がん研究センター研究所所長
委 員 Dr. Elaine R. Mardis National Foundation Endowed Chair,
Nationwide Children's Hospital, USA
上田 龍三 博士 愛知医科大学教授
今井 浩三 博士 北海道大学遺伝子病制御研究所客員教授
札幌医科大学元学長
大島 正伸 博士 金沢大学がん進展制御研究所教授
     

シンポジウム記録集 Extended Abstracts for the 50th International Symposium of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund を刊行しました。 PDFはこちら

過去のシンポジウム抄録集のPDFはこちら
 ・2018年第49回  ・2017年第48回  ・2016年第47回  ・2015年第46回  ・2014年第45回


 

中原記念講演賞
Nakahara Memorial Lecture Prizes

当財団の高松宮妃癌研究基金国際シンポジウムをはじめ学術活動の基盤確立に尽力された故中原和郎博士の功績を称え遺徳を偲ぶため、業績顕著な学者に記念講演を依頼し記念の盾と副賞50万円を贈呈しています。
講演は国際シンポジウムの特別セッションで行われます。

中原和郎博士は、1918年米国コーネル大学を卒業され、帰国後は伝染病研究所、理化学研究所、癌研究会癌研究所長を経て、1962年国立がんセンターの設立に伴い、初代研究所長として同センターに移られ、1974年、総長に就任されましたが、1976年1月21日、心筋梗塞により惜しくもご逝去されました。享年79歳。

博士は、発がん物質による突然変異の研究から分子腫瘍学への道を開いた我が国がん研究の先覚者であり、国立がんセンター総長の要職にありながら、ご逝去の直前まで自ら実験を続けられたという、その研究に対する真摯な情熱と相まって、今も内外から高い畏敬の念を集めています。

また博士は、1968年の高松宮妃癌研究基金設立当初の学術委員として、当財団の学術活動の基盤整備に尽力され、特に「プリンセス・タカマツ・シンポジウム」として世界的に極めて高い評価を得ている国際シンポジウムの創設に中心的な役割を果たされました。
当財団では、博士の遺徳を偲び、業績を称える意味で、1977年の第8回国際シンポジウムから「中原記念講演」を行なうこととし、毎年、業績顕著な学者に依頼して、シンポジウムの特別のセッションにおいて記念講演を行い、終了後に講演者に対し記念の楯を贈呈してまいりましたが、この記念講演を一層意義あらしめるために、2004年から「中原記念講演賞」を創設し、講演者に対し副賞を贈呈することとなりました。

中原記念講演 (2019年度) 

日   時 2019年11月13日(水) 
会   場 パレスホテル東京
講 演 者 宮園 浩平 博士
東京大学大学院教授
演   題 TGF-β Family Signaling in Progression of Cancer
TGF-βファミリーシグナルのがん進展における役割



[2] 国際シンポジウム開催の助成

令和3年度の助成先は次の通りです。

日本癌学会 

名  称  第80回日本癌学会学術総会における JCA-AACR Joint Symposia
テーマ 80年を超え、がん撲滅の願いを未来へ
日  時 2021年9月30日~10月2日
会  場 パシフィコ横浜 会議センター・展示ホールAB